異動シーズンに、脱会社依存について考えてみる

【自分語り】異動シーズンに" 脱会社依存 "について考えてみる

脱会社依存

ちょっと更新感覚が開いてしまいました。年度末ということもあり仕事がなかなか忙しいんです。加えて、今年は僕の勤めてる会社では、大きな組織変更とか、経営陣の交代みたいな、めったにない出来事が多発しています。人事異動も過去に例がないくらい増えそうで、当然自分もその対象になる可能性もあって、忙しいくせに地に足がついてない、そんな状況が続いています。だって今年の年末、どこでどんな仕事をしてるのか全くイメージ出来ないんだもの。

こうなると、イチ平社員な僕は濁流に翻弄される木の葉のごとくただただ、大きなうねりに翻弄されるのみです。フリーランスみたいな働き方に特に普段は大した憧れはありませんが、こういうときだけは羨ましいなってちょっと思っちゃいますね。隣の芝生は……的な意味で。

ちょうど今の会社に転職してきて、もうすぐまる10年になります。若いときはもっと勉強してた気もしますし、自分の市場価値にも敏感だった気がします。でも最近は、そういうことが疎かになってるっていうか、とにかく怠けてる気がしてなりません。35歳を過ぎると転職も厳しくなってきますし、何よりなんだかんだ言って今の職場が居心地が良いので向上心が完全に奪われてる感じです。

長く1つの会社に勤めてると、漫然と仕事をしている限り”その会社でしか通用しないスキル”ばかりが溜まっていくって状態になりがちです。「別に転職する気もないし、それで良いじゃん」って思ってる方もいるかも知れませんが、スキルまで会社に依存すると、いざというときに苦労することになりそうです。リーマンの場合、経済的には大部分を会社に依存しないといけないわけで、それ以外の部分は出来るだけ会社に寄りかかるようにしないと、会社が傾いたときとか、会社に裏切られたときとかにリカバーが難しくなってきます。

脱会社依存について改めて思ったことは、2つ。

・会社の仕事だけしてるんじゃなくってもっと勉強すること
・経済的にも完全に会社に依存してる状況の打開したい

色々な悲喜交々や左遷や栄転を眺めながらそんなことを思う今日この頃なのでした。

あ、でも俺、偉そうなこと書いときながら、社宅住まいだった……。

ではでは。

関連動画

関連記事

  1. 【意見】晩酌をビールから" ハイボール "に変えると色々良いことがあった
  2. 【ラーメン】らーめんstyle JUNK STORY コジローと牛白湯つけ麺(大阪上本町)
  3. 【京阪神食べ歩き】マ○ドとは別物!阿波座" バーガリオン "
  4. 大洋軒
  5. 【京阪神食べ歩き21】大阪で一番行列が出来るお好み焼き" ねぎ焼き やまもと "
  6. 【京阪神食べ歩き35】蕎麦屋の出し巻きはやっぱり上手い! みす美

コメントをお待ちしております

コメントを残す

Archive

PR

カメラ関連記事

  1. 【京阪神名所案内】 甲山 ウォーキングと有馬金の湯
  2. 【PENTAX K-50撮影記10】大雨の屋久島で" 防滴性能 "を身を持って試してきた
  3. 【PENTAX K-50撮影記8】" PENTAX K-50関連記事 "をまとめてみた