久しぶりの土山人、土山人 ほたるまち店

【京阪神食べ歩き】久しぶりの土山人、" 土山人 ほたるまち店 "

土山人 ほたるまち店

土山人は最近では東京は大阪、有馬等、あちこちに出店していますが、もともとは兵庫県の芦屋に出来たのが最初です。出来た当時、僕は大学生で某経済新聞社の社会部で編集補助のあるバイトをしていました。そこでデスクが関西で珍しく美味い蕎麦を食わせる店だとしきりに話してくれたのが土山人でした。

日ごろ散々関西の食い物をけなしてるデスクでしたので、そんなに褒めるなら一度食ってやろうじゃないかってことで、行ってみたものの、まだまだ青二才の学生だった僕の感想は、行列を経てせっかく店に入っても何もかもが高くてしかも量が少ない。というで最悪のものでした。

あれから僕も多少は大人になって、蕎麦屋の良さってのもちょっとは分かるようになったわけですが、土山人には再訪していませんでした。
ふとそんなことを思い出して、大阪の福島区にある” 土山人 ほたるまち店 “に寄ってみることにしました。

蕎麦屋といえば昼酒です。蕎麦だけすすって帰るなんてもったいない。ってことで、いたわさとくみ上げ湯葉をオーダー。酒は大阪らしく呉春でいきます。

いたわさです。大阪らしく焼きかまぼこです。これはこれで美味しいですね。
【京阪神食べ歩き】久しぶりの土山人、" 土山人 ほたるまち店 "

くみ上げ湯葉、これもなかなかのものです。お酒がガンガン進みます。
【京阪神食べ歩き】久しぶりの土山人、" 土山人 ほたるまち店 "

天盛りを頼み、かきあげだけ先に持ってきてもらいました。関西風のサラダ油で揚げたてんぷら。個人的には関東風のてんぷらの方が好みですね。
【京阪神食べ歩き】久しぶりの土山人、" 土山人 ほたるまち店 "

もりそばです。コシがあって美味です。量はやっぱり少ないですが……。
【京阪神食べ歩き】久しぶりの土山人、" 土山人 ほたるまち店 "

全体的にやっぱりレベルが高いですね。しかしながら、僕が学生だった頃と違って、関西でも所謂”うどん・蕎麦の店”ではなく、蕎麦を専門としたレベルの高いお店が増えてきていますので、それほど特別な味とは感じませんでした。この店が云々というよりも全体的なレベルが上がったってことですので、お客としては嬉しい限りなんですけどね。有馬や北浜のお店にも機会があったら伺ってみたいですね。美味しいお蕎麦でした。

ご馳走様でした!

ではでは。

お店詳細

関連動画

関連記事

  1. 【食べ歩き】大行列のお店、" 出町ふたば "で豆餅を買った(京都出町柳)
  2. ラーメン二郎 三田本店
  3. 【京阪神ラーメン巡り9】営業日に注意" 麺処 若松 "のつけ麺(兵庫県西宮)
  4. 【旅行】京都の山奥の隠れ家宿" 洛雲荘 "で、ぼたん鍋を食べてきた(京都北区)
  5. 【京阪神ラーメン巡り12】久しぶりに" ラーメン横綱 "に行ってきた
  6. 【読書】ハリウッド映画シナリオの教科書「 神話の法則 」を読んでみた

コメントをお待ちしております

コメントを残す

Archive

PR

カメラ関連記事

  1. 【京阪神名所案内】 甲山 ウォーキングと有馬金の湯
  2. 【PENTAX K-50撮影記10】大雨の屋久島で" 防滴性能 "を身を持って試してきた
  3. 【PENTAX K-50撮影記8】" PENTAX K-50関連記事 "をまとめてみた