【京阪神食べ歩き37】駅前ビルの名店” 梅田 はがくれ “(支店は無いよ)

【京阪神食べ歩き37】駅前ビルの名店" 梅田 はがくれ "(支店は無いよ)

新梅田食道街のお店はちょくちょく書いてる気がするんですが、駅前ビルのお店は久しぶりな気がします。今回ご紹介するのは” 梅田 はがくれ “です。、梅田でうどんと言えば一番有名なんじゃないでしょうか。

【京阪神食べ歩き19】梅田で洋食といえばココ!” グリル欧風軒 “(大阪梅田)

で書いて依頼の駅前ビルのお店です。駅前ビルも新梅田食道街同様におススメのお店がいっぱいあるエリアではあるんですが、お店の開店がかなり早く、この前オープンしたと思ったら気付いたら潰れてたなんてことが結構起こるところでもあります。昔はB1階にはゲームセンターがたくさんあって、ゲーム機やソフトなど、かなり換金率の高そうな景品のUFOキャッチャーがあったりしたものですが、今は殆んど姿を消しました。飲食店も同様に回転が非常に速いです。

駅前ビルの名店” 梅田 はがくれ “

そんな激戦区の中でも、老舗と言って良いのが” 梅田 はがくれ “です。地元の人にもかなり有名で、「梅田で美味いうどんが食べたいんだけど」と質問すると、この店の名前が返ってくる割合がかなり高いと思います。お昼時はめちゃくちゃ並びますので時間を外して行くことを強くおススメします。

この店で、初めての人に絶対食べて欲しいのが生醤油うどんです。うどんを薬味と醤油のみで頂くとってもシンプルなメニューです。故にうどんの美味さがダイレクトに味わえます。コシのあるうどんは最近の讃岐うどんブームもあって大阪でもだいぶ増えてきました。が、喉越しの良さとコシをしっかり両立したうどんは梅田では未だにこの店だけじゃないかと思います。初めて行く人には是非食べて欲しいメニューです。僕は天ざるうどんがお気に入りです。てんぷらがビールのおつまみになるし、ざるうどんも抜群の美味さです。こちらもおススメしたいメニューですね。

注意点としては2点、まず大将の存在です。大将いてこその” 梅田 はがくれ “ではありますが、この大将の接客が非常にアクが強く、嫌いな人にはとことん合わないと思われます。食べ始めるまでは事細かに指導をしてくる「うるさ型」の接客です。楽しめる人、流せる人には問題ありませんが、苦手な人はいくらうどんが美味くてもあんまり良い印象は残らないと思われます。

もう1点は、このお店に支店は存在しないということです。全国に同じ生醤油うどんを看板メニューとする” はがくれ “という名前のチェーン店が存在しますが、全くの別経営のお店です。ご注意を

ご馳走様でした!

ではでは。

お店詳細

「食べ歩き」バックナンバー

超個人的評価

関連記事

  1. 【食べ歩き番外編】" 矢場とん 名古屋駅エスカ店 "で味噌カツ丼と格闘してきた
  2. 【京阪神食べ歩き】ブームの味とは一味違う" フライングトマトカフェ "のパンケーキ
  3. 【自分語り】異動シーズンに" 脱会社依存 "について考えてみる
  4. モロゾフ
  5. ロボコップ
  6. 【ライブ】実は超実力派、レキシのライブに行ってきたよ(大阪オリックス劇場)

コメントをお待ちしております

コメントを残す

Archive

PR

カメラ関連記事

  1. 【京阪神名所案内】 甲山 ウォーキングと有馬金の湯
  2. 【PENTAX K-50撮影記10】大雨の屋久島で" 防滴性能 "を身を持って試してきた
  3. 【PENTAX K-50撮影記8】" PENTAX K-50関連記事 "をまとめてみた