元祖ちく玉天ぶっかけ?釜たけうどん(大阪梅田)

【食べ歩き】大阪で流行、元祖ちく玉天ぶっかけ?" 釜たけうどん "(大阪梅田)

釜たけうどん

梅田は小腹が減った帰り道、寄り道する頻度の高いエリアです。そんな中でたまに行くお店新梅田食道街にある” 釜たけうどん “のご紹介です。本店は千日前にあります。東京の八重洲にも支店があります。

関西のうどん屋の種類

関西のうどん屋さんは大きく2種類に分けることが出来ました。

一つは麺に重きを置いた正当派讃岐うどん。代表的なお店は梅田はがくれなんかがそうです。

もうひとつは出汁が命の大阪うどん。代表的なお店は道頓堀今井等です。

ちなみに梅田はがくれに支店はありません。各地にある”はがくれ”は梅田はがくれとはまったく関係ありません。ご注意くださいね。

関西讃岐うどん

東京転勤前はあんまりなじみが無かったんですが、一昨年に関西に戻ってきた時はこのメニューを扱う店がかなりたくさんありました。

関西讃岐うどんと言うそうですが、揚げ物をトッピングしたぶっかけうどんを中心とした新しい流れだそうで、その発祥が今回紹介する” 釜たけうどん “です。梅田には他にも

うどん屋きすけ
たけうちうどん店

等のお店があります。どちらもとても繁盛しています。確認はしていませんが、手打ちの店はあまりないと思います。お店の奥に製麺機のあるお店が多いです。

釜たけうどんの元祖ちく玉天ぶっかけ

関西讃岐うどんの元祖とも言われてるのが” 釜たけうどん “です。新梅田食堂街のこのお店は、かなり狭くカウンターが数席と2人掛けのテーブル席が4つあるのみです。大人数での訪問には適さないお店です。

代表メニューのちく玉天ぶっかけはすだちでは無くレモンが添えてあります。ぶっかけは温と冷が選べます。出汁はかなり甘めで少し薄味ですので、しっかり混ぜた方が美味しくいただけます。トッピングはちくわと卵のてんぷらで、ごま油で揚げた関東風のてんぷらです。このてんぷらは温・冷問わず熱々の状態で提供されます。

麺ですがかなりコシがあります。梅田はがくれの様な優しいコシではなくかなりパンチのあるコシです。きすけもそうですが、製麺機のクセかもしれませんね。

個人的には”かまたま”もお勧めです。僕は普段はそればかり食べてます。

梅田で一番のうどん屋と言えばやっぱり”梅田はがくれ”です。これは今も変わりません。でも、手軽にここまでのうどんが食べられるようになったのはやっぱり嬉しいですね。

梅田に来る機会があればうどんの食べ歩きも楽しいかも知れませんねー!

ご馳走様でした!

お店詳細

関連動画

関連記事

  1. 【グルメ】名古屋に行ったら必ず食べたい" 山本屋本店 "の味噌煮込みうどん
  2. 【京阪神食べ歩き35】蕎麦屋の出し巻きはやっぱり上手い! みす美
  3. 【ラーメン】ラーメンもお洒落?" ばっは "のつけ麺(兵庫県西宮北口)
  4. 【映画】ハッキリさせないことが魅力、映画「 めがね 」を見て
  5. 【ラーメン巡り番外編】" ラーメン専門鷹 "のあっさりラーメン(鹿児島)
  6. 【京阪神食べ歩き】マ○ドとは別物!阿波座" バーガリオン "

コメントを残す

Archive

PR

カメラ関連記事

  1. 【京阪神名所案内】 甲山 ウォーキングと有馬金の湯
  2. 【PENTAX K-50撮影記10】大雨の屋久島で" 防滴性能 "を身を持って試してきた
  3. 【PENTAX K-50撮影記8】" PENTAX K-50関連記事 "をまとめてみた