貴重品になる前に「神田きくかわ」で鰻を食べてきた

【食べ歩き番外編】貴重品になる前に" 神田きくかわ "で鰻を食べてきた

神田きくかわ

鰻、大好物なんです。というわけで、二日酔いにも関わらず、神田きくかわに行ってきました。

昨日のブログで書いた大失敗をした翌日、凹んだ気分を紛らわせるために鰻を食べることにしました。若干二日酔いでしたが……。

鰻の最近の値段の高騰は本当に困りますね。それどころか絶滅危惧種に指定され、いよいよ、食べられなくなる可能性もゼロではなくなってきた感じがします。鰻好きとしては悲しい限りですが、今のうちに食べておこうってことで出張ついでに、神田きくかわへ行ってきました。

ここのうな重の特徴はなんといってもパタンと折りたたまれたしっぽですね。とっても贅沢です。昔は安いグレードのうな重以外は2尾使用が基本、ご飯が全く見えないうな重でした。最近は鰻の価格の高騰に対応する為に、一番高いグレード意外は1尾または1.5尾です。ちなみに一番高い2尾使用のうな重は6,000円オーバーです。いくら鰻好きとは言えなかなか……。

大奮発で上から2番目のうな重を注文。それでも5,000円近い価格です。依然来たときに本当に本当に大奮発です。せっかくなので、鰻を待ちながら軽く摘みます。う巻き、骨せんべい、キャベジンとビールを注文します。キャベジンってのはキャベツの浅漬けですね。骨せんべいとキャベジンをポリポリ摘みながらビールをごくり。二日酔いの向かい酒です。ホントは良くないらしいんですが、来週前半は休肝日にすることを近いながら頂きました。

少し時間がかかりましたがうな重が到着、肝吸いとデザートのキウイ、お新香が付いてきます。1.5尾なのでご飯は見えますがきくかわの特徴のぱたんと折りたたまれた尻尾がやっぱり豪華です。ここはたれも各テーブルに置いてあり、好きに追加することができます。鰻のたれも大好きなのでたっぷり追加。ガツガツ食べます。ものの20分程で5,000円弱を完食しました。もっと味わえばよかった。

神田から秋葉原への道はお気に入りの散歩コースです。この日も腹ごなしに秋葉原をブラブラ気が付けばipadminiが入ったヨドバシの紙袋を持っていました。

ご馳走様でした!

ではでは

お店詳細

関連動画

関連記事

  1. 【京阪神ラーメン巡り12】久しぶりに" ラーメン横綱 "に行ってきた
  2. アウトバック・ステーキハウスのプライムリブと格闘してきた
  3. 【ライブ】実は超実力派、レキシのライブに行ってきたよ(大阪オリックス劇場)
  4. 【京阪神食べ歩き】洋食とビール!森ノ宮" フレンドシップ "
  5. 【ラーメン】寿司よりもお勧めな築地井上の醤油ラーメン(東京築地)
  6. 【建築物】甲子園会館(旧甲子園ホテル)を見学したよ(登録有形文化財)

コメントをお待ちしております

コメントを残す

Archive

PR

カメラ関連記事

  1. 【京阪神名所案内】 甲山 ウォーキングと有馬金の湯
  2. 【PENTAX K-50撮影記10】大雨の屋久島で" 防滴性能 "を身を持って試してきた
  3. 【PENTAX K-50撮影記8】" PENTAX K-50関連記事 "をまとめてみた