【京阪神食べ歩き】明石の穴子を楽しめる店” 明石 菊水 明石桜町本店 “

【京阪神食べ歩き】明石の穴子を楽しめる店" 明石 菊水 明石桜町本店 "

昨日に引き続き明石ネタです。というのも、明石で嫁さんが魚の捌き方を習っておりまして、それにくっついて明石に出かける機会が増えてるんですよね。昨日がB級グルメ、逆に今日は高級料理です。寿司です。寿司。

何度も明石に来ているんですが、実は初めての寿司屋です。以前も食べログとかで色々とリサーチしてみたんですが、価格が都心部と比べてあまり差が無いために行くのを躊躇していました。

で、思い切って今回お邪魔したのが” 明石 菊水 明石桜町本店 “です。菊水という名前の寿司屋は明石駅周辺にも何軒かありますが、関連性はよく分かりません。今回お邪魔した” 明石 菊水 明石桜町本店 “は昨日ご紹介した、江洋軒のある道を魚の棚商店街の入口側とは反対方向にまっすぐ進んだところにあります。周りは完全な住宅街です。このお店自体も料亭の様な店構えで周りの静けさに溶け込んだ感じがします。

店内はまだお昼前ということもあって人もまばらです。僕が上にぎり、嫁さんが菊水弁当をオーダーして、ビールを飲みながら待ちます。

明石 菊水 明石桜町本店 の寿司

【京阪神食べ歩き】明石の穴子を楽しめる店" 明石 菊水 明石桜町本店 "
第一印象、美味しそうなんですが量があまりにも少ない……。これは帰りに江洋軒に寄ることは確実な状況です。で肝心の味はと言うと、穴子はすばらしく美味かったです。他のネタもそれなりに美味しいんですが、かける交通費+時間、なおかつ3,000円近い値段を払う価値はあるかと聞かれれば、穴子以外は「?」と答えると思います。地元に合ったら絶対良いお店なのは確実なんですが、わざわざ来てるのでどうしてもハードルが上がってしまいます。

今度は来るときは、穴子の棒寿司を買って帰ろうと思いながら江洋軒に寄って帰路に着いたのでした。

昔は明石にも焼きあなごを売る店が多くあったと記憶してるんですが、最近通い始めるとずいぶん店の数が減っていることに気付きました。時代の流れなんでしょうかね……。

とにかくご馳走様でした!

ではでは。

お店詳細

「食べ歩き」バックナンバー

関連動画

関連書籍

関連記事

  1. 【京阪神食べ歩き33】神戸元町" ROUGH RARE "のでっかいロールケーキ
  2. 【京阪神食べ歩き38】話題の裏難波で肉を喰らう" DININGあじと "
  3. モロゾフ
  4. ラーメン二郎 三田本店
  5. 【愛用品】 Panasonic エチケットカッター が鼻毛を切るのに手放せなくなった
  6. 【京阪神食べ歩き25】ホワイティ梅田" ヨネヤ "の大阪らしい串カツ

コメントをお待ちしております

コメントを残す

Archive

PR

カメラ関連記事

  1. 【京阪神名所案内】 甲山 ウォーキングと有馬金の湯
  2. 【PENTAX K-50撮影記10】大雨の屋久島で" 防滴性能 "を身を持って試してきた
  3. 【PENTAX K-50撮影記8】" PENTAX K-50関連記事 "をまとめてみた