【京阪神食べ歩き】明石のB級グルメは玉子焼より” 江洋軒 “の焼きそば

【京阪神食べ歩き】明石のB級グルメは玉子焼より" 江洋軒 "の焼きそば

一般的には明石と言えば玉子焼き、ちょっと張り込んで寿司って人もいるかも知れません。魚の棚商店街が好きでよく行くんですが、僕の場合はどちらも殆んど食べません。代わりにいくことが多いのが今回ご紹介する” 江洋軒 “です。

昨年末もここで腹ごしらえをしてから、人で埋め尽くされた魚の棚商店街に繰り出しました。

江洋軒 の焼きそば

【京阪神食べ歩き】明石のB級グルメは玉子焼より" 江洋軒 "の焼きそば
江洋軒はJRの明石駅から徒歩5分くらい、魚の棚商店街の入口近くにある小さくて小汚いお店です。外からは中が見えないので初めて入るのはちょっと勇気がいりますが、地元の人を中心にかなり繁盛しています。メニューは以下の通りたったの4種類

  • 焼きそば  400円
  • 中華蕎麦  400円
  • わんたん  350円
  • わんたん麺 500円

何を頼んでもワンコインというすばらしいお店です。値上げラッシュの昨今、是非このままがんばっていただきたいですね。

基本的にはどれを食べても美味しいんですが、最初は焼きそばを食べて欲しいです。自家製麺だと思われるうどんの様な極太麺の食感は、なんというか伊勢うどん?ってくらいの柔らかさ。めちゃくちゃ塩辛そうな色のソースも思ったほどではなく、一般的な焼きそばと比べても、むしろあっさりしています。ここでしか食べられない味です。特別美味いとは正直思わないんですが、また食べたくなる味です。

量はかなり少ないので、常連さんは中華そばと焼きそば、1人で両方オーダーしてる人もかなりいました。

で、中華蕎麦の方はかなり正統派、とっても懐かしい味です。麺は焼きそばの麺とは異なるものを使ってるようで少し細めのストレート麺、スープは鶏がらと豚骨でしょうか。系統的には普通の食堂で食べる中華そばと同じですが、レベルはかなり高いです。

コストパフォーマンスはかなり高いお店です。夫婦2人で3品+ビール、お腹一杯食べて飲んでも2,000円いきません。玉子焼きの有名店は週末は長蛇の列が出来ていますが、ここはほぼ待たずに入れます。というわけで、お勧めしたいお店なのです。

ではでは。

お店詳細

「食べ歩き」バックナンバー

関連動画

関連書籍

関連記事

  1. 木乃婦 たたきオクラとたこの和え物
  2. 【意見】冷凍うどんはカトキチの" 丹念仕込み 本場さぬきうどん "が一番
  3. 【京阪神ラーメン巡り9】営業日に注意" 麺処 若松 "のつけ麺(兵庫県西宮)
  4. 【食べ歩き】京極スタンドで平日昼間からか飲んできた(京都四条)
  5. 【雑貨】FelisiのコロコロからGANZOの長財布に変えてみた
  6. 【旅行】京都の山奥の隠れ家宿" 洛雲荘 "で、ぼたん鍋を食べてきた(京都北区)

コメントをお待ちしております

コメントを残す

Archive

PR

カメラ関連記事

  1. 【京阪神名所案内】 甲山 ウォーキングと有馬金の湯
  2. 【PENTAX K-50撮影記10】大雨の屋久島で" 防滴性能 "を身を持って試してきた
  3. 【PENTAX K-50撮影記8】" PENTAX K-50関連記事 "をまとめてみた