【映画】アクションは無いけど絶対映画館で見るべきな「 マエストロ! 」

【映画】アクションは無いけど絶対映画館で見るべきな「マエストロ!」

映画「 マエストロ! 」を見てきました。去年年末に契約したWOWOWでめちゃくちゃ推してたのと、佐渡さんが協力してるってのですごく気になっていたのです。昨年の1万人の第九からすっかり佐渡さんファンのクラシック好きになってます。まぁ洋画クロックも変わらず好きなんですけど。こんな感じで気になる要素が多かったので、公開すぐのこのタイミングで見に行ってきました。ある程度評判を見てから見に行くほうなので公開2日目とかで見に行くのは個人的には異例です。

「 マエストロ! 」感想

【映画】アクションは無いけど絶対映画館で見るべきな「マエストロ!」
結論としては、一言で言えば「面白かった!」です。

マンガが原作の映画は、作り手とフィーリングが合うかが一番大事だと思っています。複数巻発行されているマンガを2時間ちょっとの映画に纏めるのは元々無理があることで、映画のストーリーは、原作から映画の作り手が訴えたいテーマ以外は、そぎ落とされたものになります。ここが合わないと見ていて苦痛を感じることになります。逆にここが合えば、多少脚本に無理があっても話に入っていくことができます。

本作については、最後のコンサートが全てで、ストーリーもそこに至るまでの過程のみ、余計なサイドストーリーは一切ありません。「あれはどうなったの?」とか、「ここはもっと深く描いて欲しい」とか色々言いたいことはあるものの、頭で補うことが出来たように思います。なのでストーリーの所々やエンディングでは結構うるっときてしまいました。

出演陣の公園も光りましたね。特に西田敏行と松坂桃李の両メインキャストの演技は良かったですね。特に西田敏行はコミカルラインはしっかり笑わせてくれました。会場全体から笑いが漏れるのは結構珍しいことじゃないですかね。

劇中出てくる「運命」と「未完成は」佐渡さん指揮のベルリン・ドイツ交響楽団の演奏によるものです。後半ではじっくり聴くことができますので、是非、家のテレビではなく音響の整った映画館で見て欲しい作品だと思います。お勧めの作品ですよ!

最近は血が飛び出る映画ばかり見てたので、とってもほっこりできました……。

ではでは!

公式サイト

関連動画

関連書籍

関連記事

  1. 【食べ歩き】京極スタンドで平日昼間からか飲んできた(京都四条)
  2. 【京阪神ラーメン巡り15】西宮で人気の豚骨ラーメン" 金田家 さくら亭 "
  3. 【食べ歩き番外編】秋葉原のトンカツ" 丸五 "に行ってみた
  4. 【旅行記】独特の泉質に大満足" JRホテル屋久島 "
  5. 【京阪神ラーメン巡り11】" らぁめんたろう "のカレー温玉チーズラーメン
  6. 【ラーメン】らーめんstyle JUNK STORY コジローと牛白湯つけ麺(大阪上本町)

コメントをお待ちしております

コメントを残す

Archive

PR

カメラ関連記事

  1. 【京阪神名所案内】 甲山 ウォーキングと有馬金の湯
  2. 【PENTAX K-50撮影記10】大雨の屋久島で" 防滴性能 "を身を持って試してきた
  3. 【PENTAX K-50撮影記8】" PENTAX K-50関連記事 "をまとめてみた