実は登録商標だった、美々卯の「うどんすき」を食べてきた

【京阪神食べ歩き26】実は登録商標" 美々卯 "のうどんすきを食べてきた

美々卯の「うどんすき」

少し前の話です。暑くなる前に鍋物を食べとこうということで、梅田の阪神百貨店の10階にある” 美々卯 “(みみう)でうどんすきを食べてきました。

美々卯のうどんすきと言えば関西では結構有名です。ですが、関西以外の地域で”うどんすき”って鍋物は一般的なんでしょうかね。ウチの実家は普段家でもつくってましたが……。簡単に言うと鍋焼きうどん風のお鍋です。〆のうどんではなく、最初から他の具材といっしょにうどんを入れてぐつぐつ煮込み、ポン酢ではなく、煮込んだ出汁にネギやもみじおろし、しょうが等の薬味を添えていただきます。

このうどんすきの元祖が美々卯です。登録商標にもなってるそうで、ってことは、美々卯以外のお店はうどんすきって言葉は使っちゃいけないってことですね……。僕はここのうどんすきが大好きで、毎年1回か2回は食べてます。

煮込むことが前提ですので、ものすごくコシがある太いうどんが使われています。かなり煮込んでも型崩れしたり延びたりすることはなく、それどころか他の具材の旨味のしみこんだ出汁をしっかり吸ってどんどん美味さが増す不思議なうどんです。名古屋の味噌煮込みうどんともちょっと違う、独特コシがあるうどんです。出汁はもちろん関西風の透き通ったお出汁です。

うどん以外の具材は白菜やしいたけ、がんもどきなど一般的なものがほとんどです。具材やうどんはお店の人が綺麗に鍋に盛り付けてくれますが、海老だけはお客さんが自分で鍋に入れます。海老は生かボイルかを聞かれます。生海老を頼むと生きたままの海老が運ばれてきますので、これをお客さんが自分で鍋で茹でます。しっかり持っていないと海老が大暴れしてかなり危険なときがあります。ちょっと残酷ですが、さっきまで生きていた海老は新鮮で美味いです。

関西にはかなりたくさんのお店がありますし、関東・中部にも何件かありますので行ったことがある方もいるかもしれませんが、大阪の本町にある本店は独特の趣があります。是非一度行って見て欲しいお店ですね。

ご馳走様でした!

ではでは。

お店詳細

関連動画

関連記事

  1. 【京阪神食べ歩き】大阪で食べる名古屋名物味噌煮込みうどん" きしめん あまの "
  2. 酒場 やまと
  3. 【京阪神食べ歩き38】話題の裏難波で肉を喰らう" DININGあじと "
  4. 利久 エキマルシェ大阪店
  5. SOMA
  6. 【建築物】贅沢な戸建、ヨドコウ迎賓館(旧山邑家住宅)を見学した(重要文化財)

コメントをお待ちしております

コメントを残す

Archive

PR

カメラ関連記事

  1. 【京阪神名所案内】 甲山 ウォーキングと有馬金の湯
  2. 【PENTAX K-50撮影記10】大雨の屋久島で" 防滴性能 "を身を持って試してきた
  3. 【PENTAX K-50撮影記8】" PENTAX K-50関連記事 "をまとめてみた