鴨鍋が有名な新梅田食道街、新喜楽の天丼

【京阪神食べ歩き23】鴨鍋が有名な新梅田食堂街の" 新喜楽 "の天丼

新梅田食道街の新喜楽

もう何度もご紹介している新梅田食道街です。今回は新喜楽に行ってきました。東京には芥川賞、直木賞の選考が行われている同じ店名の高級料亭があるようですが、こっちの新喜楽はいたって庶民的です。

このお店、奥行きが結構ありますが、間口はそれほど広くありません。外から見ると狭く感じるかも知れませんが、中は結構広いです。調理場をぐるっと囲むようにあるカウンターが特徴的なお店です。通路の幅がとても狭く、大柄なおっちゃんが座ってると通るのがキツいです。

ちょうどお昼時に来ましたが、何とか並ばず座れました。僕が入ってすぐに行列が発生していたみたいですので、ギリギリセーフでした……。

ここの名物は鴨鍋定食です。900円しない金額で鴨鍋が頂けます。お客さんの9割はこのメニューを注文。店員さんも最初から鴨鍋定食と決めているようで、注文を聞くと同時にご飯とお漬け物を置いていきます。僕も鴨鍋定食にしようと思ってたんですが、なんとなく、その日は朝から天ぷらな気分だったので、天丼をオーダー、で、天丼をオーダーした僕の席までご飯とお漬け物を置いていきました。天丼定食ですか。どっちがおかずなんでしょう……。

と、考えていると丼着、ご飯はしっかりさげられてしまいました。小さめですがエビ3尾に白身魚とイカ、茄子、サツマイモの天ぷらが乗っています。サラダ油で揚げた関西風の白い天ぷらです。鴨鍋は結構濃い味付けだったと記憶していますが、天丼のはうって変わって、薄味で、とても優しい味です。っていうか、個人的にはもうちょっと濃い味付けでも良かったかな……。

お昼の注文は鴨鍋が9割、残り1割が天ぷらって感じのお店ですが、夏場にはなかなか外で食べることの無いそうめんの定食なんかもあったりします。ほとんどのメニューは1,000円を超えない価格帯ですので、お財布にも優しいですね。

新梅田食堂街に関するエントリはこちらをご覧ください。

ご馳走様でした!

ではでは。

お店詳細

関連動画

関連記事

  1. 【意見】冷凍うどんはカトキチの" 丹念仕込み 本場さぬきうどん "が一番
  2. 【京阪神ラーメン巡り14】堺筋本町の繁盛店" はなぶさ "
  3. 【PENTAX K-50撮影記9】神戸: 元町旧居留地 メリケンパーク
  4. 酒場 やまと
  5. 【雑貨】FelisiのコロコロからGANZOの長財布に変えてみた
  6. 【旅行記】独特の泉質に大満足" JRホテル屋久島 "

コメントをお待ちしております

コメントを残す

Archive

PR

カメラ関連記事

  1. 【京阪神名所案内】 甲山 ウォーキングと有馬金の湯
  2. 【PENTAX K-50撮影記10】大雨の屋久島で" 防滴性能 "を身を持って試してきた
  3. 【PENTAX K-50撮影記8】" PENTAX K-50関連記事 "をまとめてみた