ゆふの彩YADOYAおおはしで温泉と肉を堪能した(大分県湯布院)

【旅行】" ゆふの彩YADOYAおおはし "で温泉と肉を堪能した(大分県湯布院)

ゆふの彩YADOYAおおはし 到着

湯布院の温泉宿、”ゆふの彩YADOYAおおはし”の感想です。

相撲茶屋大塚“の紹介記事でも書きましたが、2月初めに貯まったマイルを使って博多・湯布院の旅に行ってきました。

博多から特急由布院号で移動します。ちょうどこの日は春節にあたり、周りは中国人の観光客だらけでした。日本人はむしろ少数派です。

彼らの賑やかさにおっかなびっくりしながらも車中では駅弁とビール、車窓からの景色を堪能しました。車窓からは橙等の柑橘系の果物の畑を多く見ることが出来ました。

橙、かぼす等、柑橘系の食材の豊富さも九州の食の特徴かもしれません。

由布院駅からは送迎があります。まだチェックイン時間まで余裕があったのですが、送迎の確認の電話をしてみます。でもチェックイン時間の直前に再度電話をするようにとの返事。

時間まで由布院の町をブラブラを散策します。観光地化されててびっくりしました。相変わらず歩いている観光客の大半は中国からの観光客ばかりです。

チェックイン時間直前に再度電話をしますが、今度は少し時間がかかるとの回答がありました。何となくちぐはぐだなぁと思いつつ、駅前で待ちます。

10分くらいで車が到着。宿まで移動します。移動時間は15分位です。徒歩では少し厳しいですね。

客室

全室離れになっていて、各部屋に専用の内湯と露天風呂が備わっています。この日泊まった部屋は”葡萄染”というお部屋。1泊は18,000円/人でした。

お部屋はベッドルームとこたつのある小上がりという構成です。ベランダには広いウッドデッキとベンチがあります。

一番安いタイプのお部屋ですが広さは十分でした。

宿が線路沿いに立地しているため、たまに電車の音が聞こえますが、気になるほどではありませんでした。

温泉

【旅行】" ゆふの彩YADOYAおおはし "で温泉と肉を堪能した(大分県湯布院)
もともとの温度は低めです。熱くしたい時は蛇口を捻って熱い加温した源泉を加えます。

泉質は正直言って、「これ、温泉?」って感じでした。有馬の金泉に慣れてしまっているせいかもしれません。ですが、部屋付きの露天風呂は気兼ねなく入れてやっぱり良いですね。

結局チェックアウトまでかなりの回数入りました。

食事

【旅行】" ゆふの彩YADOYAおおはし "で温泉と肉を堪能した(大分県湯布院)
お部屋ではなく食事処でいただきます。

夕食はすきやきかしゃぶしゃぶ、どちらかを選べます。僕らはしゃぶしゃぶを選びました。どちらを選んでも宮崎県産のA5ランクを使用しています。食事処の入り口に個体番号の書いた黒板が置いてありました。

肉屋さんが経営する宿なので、これだけの肉が仕入れられるそうです。さすがに美味いです。肉の量がちょっと少ない気もしますが、これだけ刺しの入った肉はたくさん食べられませんので。これくらいで満足です。

やっぱりここでもポン酢等、柑橘系の果物を使った食材や調味料が美味しくて、オリジナルのかぼすサワーをガバガバ飲んじゃいました。

朝食は団子汁等ちょうど良い量でした。卵が美味かったです。

総評

温泉の泉質・サービスに若干不満はありますが、コストパフォーマンスは高いと思います。再訪したい宿です。

ではでは!

※参考
湯布院 * 由布の彩 YADOYAおおはし

関連動画

関連記事

  1. 【食べ歩き】小松屋でコスパ抜群の熟成肉を堪能した(東京人形町)
  2. 【京阪神食べ歩き37】駅前ビルの名店" 梅田 はがくれ "(支店は無いよ)
  3. 【ラーメン】らーめんstyle JUNK STORY コジローと牛白湯つけ麺(大阪上本町)
  4. 【ライブ】実は超実力派、レキシのライブに行ってきたよ(大阪オリックス劇場)
  5. 【ラーメン巡り番外編】" 越後秘蔵麺 無尽蔵 しながわ家 "でランチ戦争を体験
  6. SOMA

コメントをお待ちしております

コメントを残す

Archive

PR

カメラ関連記事

  1. 【京阪神名所案内】 甲山 ウォーキングと有馬金の湯
  2. 【PENTAX K-50撮影記10】大雨の屋久島で" 防滴性能 "を身を持って試してきた
  3. 【PENTAX K-50撮影記8】" PENTAX K-50関連記事 "をまとめてみた