2014年に絶対に読破したい本10冊+α

2014年にモノにしたい本10冊+α

” 読書 “2014年にモノにしたい本10冊+α

毎年初めに読書量の目標を立てるんですが、最近は多読をしてもあまり頭に入っていないようになってきました。若い頃はさらっと読んでも幾分頭に残ったものですが、最近は多読をしてもほとんど頭に残らない。読んだことすら忘れる有様です。

そこで今年はとにかくモノにする10冊を決めて、1年の間にこの10冊だけは頭に入れることを目標にしたいと思います。1度読んだだけでは理解できないであろう、内容も重量とも重めの本を中心に選びました。持ち歩くと筋力も鍛えられて一石二鳥です。

良い文章にはたくさん触れたいので、1年間、この10冊しか読まないのではなく小説は相変わらず多読したいと思ってます。

ビジネス関連

仕事で必要な知識の底上げを行う為に読む基本書です。

(1)財務会計講義 | 桜井久勝著

財務会計定番の基本書。著者は神戸大学の桜井先生です。数字に苦手意識は無りません。むしろ、現在の職場では比較的たよりにされている方だと思います。だからこそ、曖昧な基礎知識をしっかり固めたいと思っています。

(2)基本統計学 | 宮川公男著
+スバラシク実力がつくと評判の統計学キャンパス・ゼミ―大学の数学がこんなに分かる!単位なんて楽に取れる! | 馬場 敬之・久池井茂著


数年前に挫折してしまった本。統計学自体、情報を分析する時にあって困る知識ではありません。挫折したときより数学力は上がっている筈なので何とかモノにしたいです。スバラシク…は基礎学習をする為の副読本として読むつもりです。

(3)財務マネジメントの基本と原則 | デイビッド・メッキン著

選んだ理由は翻訳者の國貞氏の「財務3表一体分析法 「経営」がわかる決算書の読み方」がとても理解しやすかったから。分量的には上記2冊に比べると少なめ。確実に理解したい本です。

文章力関連

創作活動ではなく、”日本語力”の上達を目標に読む本。

(4)考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則 | バーバラ・ミント著
+入門 考える技術・書く技術 | 山崎 康司著


これも学生の時に1度読んだ本。日本語と英語の違いに違和感がありましたが、良い副読本が出ていますので、再挑戦します。

(5)日本語の練習問題 | 出口汪著

大学受験の時には出口先生の参考書に大変お世話になりました。講義が録音されたカセットテープ(CDでもストリーミングでもない)まで買ってました。この本はまだ一度も読んでいませんが、日本語の文法が中心の本みたいです。内容によってはここから外すかもしれません。

シナリオ作成

シナリオ作成を学ぶ為に読む本。ハウツーではなくルールを学ぶ事を中心に。

(6)シナリオの基礎技術 | 新井一著

かなり有名なシナリオ入門書。何度か読んでるので、手間は掛からないと思っています。

(7)神話の法則―ライターズ・ジャーニー | クリストファー・ボグラー著

多くのハリウッド映画の教科書になっている本。今では手に入りづらいみたいですね。

(8)ノベルゲームのシナリオ作成技法 | 涼元悠一著

こちらも手に入れづらくなってる本です。ゲームシナリオの作法を勉強する為に。

【 読書 】教養

毎年1冊、どこかの国の神話をじっくり読みたいと思っています。

(9)現代語訳 古事記 | 蓮田善明訳

ということで、まずは日本から。文庫本サイズですが、骨はありそうです。

英語

色々必要になってきそうなので…

(10)DUO 3.0+DUO 3.0 / CD復習用

せめてこの1冊だけはモノにしたい…。

こうやって見ると、10冊でも至難の業ですね。まぁ、出来るだけがんばろー。俺。

ではでは。

関連記事

  1. 【京阪神名所案内】新幹線に乗る前に味わう大阪の味" 大阪のれんめぐり "
  2. 【ダイエット記録2】より大きな結果を出す為に" 正しい歩き方 "を考える
  3. 【旅行記】 屋久島 2日目:雨の中の 縄文杉 トレッキング1
  4. 【自分語り】" 初期流産 "の話を旦那の側から語ってみる
  5. 【意見】勢いで買った" ipad mini Retinaとほぼ日手帳の併用 "を考える
  6. 【自分語り】" マイナス思考 "を克服する為に意識改革をしてみる

コメントを残す

Archive

PR

カメラ関連記事

  1. 【京阪神名所案内】 甲山 ウォーキングと有馬金の湯
  2. 【PENTAX K-50撮影記10】大雨の屋久島で" 防滴性能 "を身を持って試してきた
  3. 【PENTAX K-50撮影記8】" PENTAX K-50関連記事 "をまとめてみた