【意見】やっぱり 飛行機が苦手 な心配性の主張

【意見】やっぱり 飛行機が苦手 な心配性の主張

台湾でまたトランスアジア航空の事故がありましたね。昨年の事故からまだ1年も経っていません。台湾の航空会社はエバー以外は結構怖い印象があります。

飛行機が苦手

【意見】やっぱり 飛行機が苦手 な心配性の主張
飛行機、苦手です。キッカケは日本航空123便墜落事故のフライトレコーダーを聞いたことだったと思います。飛行機に乗るのは必ず後方窓側、後方なのは墜落したときに助かる可能性がちょっとは上がるかも知れないから、窓側なのは常に翼(エンジン)を凝視し、何かあったらすぐに知らせることが必要だから、という理由です。嫁に話したら心底呆れられたワケですが……。そんなに怖いにも関わらず、東京-大阪の出張は常に飛行機移動です。理由は皆さんだいたい分かってると思いますが、マイルというニンジンを目の前にぶら下げられているからに他なりません。まんまと航空会社の戦略に乗せられている小市民です。といっても前述の理由から乗るのは”赤い方”ではなく”青い方”ですが。

飛行中の怖さを紛らわせる為には、出張帰りの飛行機なんかはビールをたらふく飲んで、さっさと寝てしまうに限るものの、羽田なんかだと滑走路渋滞で、一眠りしてもまだ羽田、さらにビール飲みまくったせいでおきた尿意に絶えられず、離陸してシートベルトサインが消えるまで身悶えることになります。出来ればしらふで小説なんか悠々と読みながら移動したいもんなんですが、ちょっと揺れるだけでビクビクして読書どころではありません。

「揺れましても飛行の安全性には影響ございません」ってアナウンスもたまに流れてきますが、「んなわけないやろ!」と心の中で突っ込みを入れつつやっぱりビクビクしています。確率的には事故に遭う確率は毎日乗っても400年以上に1回とかなんとか言われています。理性で自分に言い聞かせようとしても、納得できるものではないのです。

流石に年間ウン10回も飛行機に乗ってると多少は慣れてきますが、根本は変わっていないように思います。飛行機嫌いの皆さん、フライト中はどんな風に過ごしてますか?聞かせてもらえれば幸いです。

ではでは。

関連動画

関連書籍

関連記事

  1. 【意見】" 経済的に余裕が無いから結婚できない "は考えを変える必要有り?
  2. 【自分語り】嫁さんへの感謝と自分に人付き合いの下手さについて語ってみる
  3. 【食べ歩き】仕事帰りのお勧めポイント、" 新梅田食道街 "の魅力(大阪梅田)
  4. ベートーヴェン交響曲第九番
  5. 【自分語り】" 一万人の第九 "当選記念に関連動画をまとめてみた
  6. 阪急ハイキング 芦屋川

コメントをお待ちしております

コメントを残す

Archive

PR

カメラ関連記事

  1. 【京阪神名所案内】 甲山 ウォーキングと有馬金の湯
  2. 【PENTAX K-50撮影記10】大雨の屋久島で" 防滴性能 "を身を持って試してきた
  3. 【PENTAX K-50撮影記8】" PENTAX K-50関連記事 "をまとめてみた