BlackBerryがどうしてこうなったのかを愛用者的に考察してみる

【意見】" BlackBerry "がどうしてこうなったのかを愛用者的に考察してみる

BlackBerryの魅力

かれこれ5年くらい夫婦でBlackBerryを使い続けています。元祖スマートフォン的な存在でありながら、後発のiphone、Androidスマホにどんどん追い抜かれ、日本での取り扱いは無くなり、会社自体も風前の灯になっています。
僕ら夫婦はとても満足して使用しているため、今の機種が壊れるまで使うつもりでいますが、それにしてもどうしてこうなっちゃったんでしょうか。

1つ間違えれば、BrackBerryがスマートフォンのメインストリームとなっていた未来が来ていたかも知れないのに、残念でなりません。

物理キーボード
何と言っても物理キーボードは大きな魅力です。慣れるとめちゃくちゃ早く打てます。

バッテリー
バッテリーはかなり長持ちします。2日くらいなら充電無しでも全然使えます。

ぱっと思いつく魅力といえばこれだけです。「え?これだけ?」って思われるかもしれませんが、メールやTwitterと電話に特化すれば、これほど心強い機種はありません。物理キーボードで文字は打ちやすいし、バッテリー切れで連絡不能になることもなかなかありません。

BlackBerryの弱点

ブラウジングの弱さ
おそらくこれがBlackBerry敗北の致命傷となったと思います。物理キーボードを備えている為、必然的に画面が小さくなってしまいます。入力という点においては強くても、そのぶん、閲覧のしやすさを大きく犠牲にしてしまいました。

インフラの弱さ
iTunesの様な使いやすいインフラを提供できなかった点もマイナスポイントです。アプリの種類もあまり多くありません。

ドコモのやる気の無さ
日本限定の話ですが、ドコモの売る気が全く感じられなかったのも敗因だろうと思います。導入するには、それまでのメールアドレスを変更させられるうえに、発売日にドコモショップに行っても在庫が無い、おまけに買えたとしても店員も初期設定の仕方を良く分かってない有様でした。

個人的にはバカの一つ覚えみたいにタッチパネル方式ばかりってのもどうかと思うんですがね……。

2台持ちが最強

ブラウジングの弱さを補う端末との2台持ちにすると、とても力を発揮する端末だと思います。つか、iphoneとipadの2台持ちみたいに似たような機能の端末を2つ持つより、BrackBerryとipadの2台持ちの方が相互の弱点を補い合えます。

もう、手に入りづらくなってしまいましたけど、本当にお勧めなんです……。まだまだ苦難の道は続くかも知れませんが、なんとか復権して欲しいものです。

ではでは。

「BlackBerryはハードウェア製造をやめない」とCEOが確約

関連動画

関連記事

  1. 【ダイエット記録4】" ダイエット開始 " 1ヶ月半の結果報告をしてみる
  2. 【京阪神名所案内】今年初観戦、" 甲子園球場 "でくいだおれ
  3. 【食べ歩き】パン屋激戦区、" 夙川・苦楽園口のパン屋 "をまとめてみた
  4. 【自分語り】盆休みに" 夏の甲子園 "を見に行ってきた
  5. 阪急ハイキング 芦屋川
  6. 【旅行記】" 屋久島旅行 "を計画する時、注意すべきこと(登山編)

コメントをお待ちしております

コメントを残す

Archive

PR

カメラ関連記事

  1. 【京阪神名所案内】 甲山 ウォーキングと有馬金の湯
  2. 【PENTAX K-50撮影記10】大雨の屋久島で" 防滴性能 "を身を持って試してきた
  3. 【PENTAX K-50撮影記8】" PENTAX K-50関連記事 "をまとめてみた