【 一万人の第九 練習1日目 】楽譜も読めないオッサンが頑張ってみる

【 一万人の第九 練習1日目 】楽譜も読めないオッサンが頑張ってみる

知らない間に応募され、何故か年末に” 一万人の第九 “で歌うことになりました。9月から本格的に練習がはじまります。足を引っ張らないようにがんばります……。一万人の第九 練習1日目 です。

一万人の第九 練習1日目

【自分語り】” 一万人の第九 “当選記念に関連動画をまとめてみた

上記エントリで書いた通り、何故か年末に第九を歌うことになったワケですが、僕、楽譜が全く読めないんですよね。おまけに歌もあんまし上手くありません。正直ちゃんと歌える自信があんまり無いんですが、1万人もいるんだからちょっとぐらい下手でも何とかなるだろうと高を括っていました。

8月末からあちこちで練習が始まります。僕ら夫婦も毎週末に森之宮へ行かないといけません。前にも書きましたが休みすぎると本番に出場できません。そんな事態になったら嫁さんにめちゃくちゃ怒られそうです。

とりあえず、嫁さんにくっ付いて森之宮へ、初回なので受付で応募番号と身分証の確認が行われ、出席確認用のスタンプカードと、簡単な予定などが書かれた紙をもらいます。きっちり身分証を確認される辺りが厳重ですね。後で歌の先生に聞いたんですが、10,000人の募集に対して、14,000人の応募があったそうです。結構な方が落選してるんですね。油断すると出場資格の売買なんてのも行われてしまいそうですし、そういうことが無いように神経を使ってるんでしょうね。

会場に入り、パートごとに着席します。やっぱり女性が多いですねー。テノールの場所は……と。人少なっ!他のパートはギュウギュウ詰めなのに、ココだけやたら余裕があるぞ。しかもなんかご年配ばっかりだ。これは間違ったら目立つぞ、かといって声を出さなくてもそれはそれで目立ちそうだ。などと考えると、なんか急に不安になってきました。後ろの方の席に着きレッスン開始を待ちます。

今日はオリエンテーションって感じなんだろうと思っていましたが、初回からガンガン進みます。大学に第二外国語以来のドイツ語です。当然覚えているはずも無く、歌詞を覚える+音程を覚える(←楽譜読めないから)で頭がパニックになりつつ初回の練習は終了しました。

買うつもりはありませんでしたが、僕のような人間にはパート別のCDは必須です。多少予習して望まないと何にも出来なさそうです。

でも久しぶりにお腹から大声を出したので気持ちよかったですね。ちゃんと歌えれば良いストレス発散になりそうです。ちゃんと歌えれば。

ではでは。

関連記事

  1. 【音楽】映画音楽の巨匠、" ハンス・ジマー "の世界をまとめてみた(YouTube)
  2. 【京阪神名所案内】京セラドームのオリックス" アドバンスチケット "はお得
  3. 【お知らせ】久しぶりのブログ更新で近況報告してみる
  4. 【ダイエット記録5】1泊2日の" 名古屋出張 "で思いっきりリバウンドした
  5. 【意見】勢いで買った" ipad mini Retinaとほぼ日手帳の併用 "を考える
  6. 【食べ歩き】パン屋激戦区、" 夙川・苦楽園口のパン屋 "をまとめてみた

コメントをお待ちしております

コメントを残す

Archive

PR

カメラ関連記事

  1. 【京阪神名所案内】 甲山 ウォーキングと有馬金の湯
  2. 【PENTAX K-50撮影記10】大雨の屋久島で" 防滴性能 "を身を持って試してきた
  3. 【PENTAX K-50撮影記8】" PENTAX K-50関連記事 "をまとめてみた