うつ状態で半年間休職した話と、自分勝手のススメ

【自分語り】" うつ状態 "で半年間休職した話と、"自分勝手のススメ"

うつ状態で半年間休職した話

今日から新年度ですね。入学した方、就職した方、自由の翼を獲得された方、皆さんおめでとうございます。有意義な新生活を送れますように。

ただ、5月病とも言うように急激な生活の変化に馴染めないことがあるかもしれません。そこでがんばり過ぎると僕の様に休職することにもなったりします。あまり無理はし過ぎないようにしてくださいね。

夫婦そろって経験者

夫婦そろってメンタルを病んだことがあります。

嫁さんは2001年・2003年に双極性障害、所謂躁鬱病を、僕の方は2008年・2010年の軽いうつを患った事があります。それぞれ一回ずつ再発していますが、2人とも現在は普通に仕事をしています。

” うつ状態 “って何?

一度目のうつは仕事で上司と上手くいかずに会社を休みがちになったことが発端でした。同僚が声を上げてくれたこともあり、会社の対応が早く、すぐに上司が異動になったので、低空飛行ながら1ヶ月位休んで復職しました。休職はせずに有給を使い、足りない日数は数日間欠勤扱いになった程度です。

ですが、気分的にはずっと低空飛行で仕事をしていました。その後、子会社への異動等色々あって、結局、2010年5月にとうとう休職の診断書を書かれてしまいました。

診断書に書かれたのは” うつ状態 “という言葉。なんだ?状態って?うつ病とちがうの? 当時はぼんやり思いましたが、そもそもそれ以上考える気力も当時はありませんでした。

このエントリを書くに当たって調べてみるととても分かりやすい記事がありました。

うつ状態とうつ病の違い

双極性障害だったときの嫁さんを見てるんで、今から考えれば自分の症状なんて軽いもんだと思うんですが、当時の僕は本当にどん底でした。

なかなか出ない出社許可

数ヶ月で復職できると思っていましたが、ここからが結構長かった……。数ヶ月は何もする気が起こらず、1日のほとんどをベッドの上で過ごしていました。たまに彼女が大阪から様子を見に来てくれてもずっと布団の中で、ほとんど会話をすることはありませんでした。風呂も入らない、何も食べない、何かをする気力がなかなか起きませんでした。幸い、休職中も一定期間は給料が出るので、経済的には全然苦しくありませんでした。

夏が終わるくらいから徐々に復調してきます。だんだん行動する気力が出てきたものの、相変わらず出社許可は出ません。最終的に復職する為にはいくつかの越えなければならないハードルがあります。

・主治医の許可
・産業医の許可
・出社訓練

以上のハードルを越えてようやく復職できます。

一番しんどいのは産業医の許可です。ここがとっても時間がかかります。その後は出社訓練、毎日会社まで来て上司と10分くらい喋って帰る。これを繰り返します。これを1ヶ月位行って11月末にようやく復職することが出来ました。

復職以降気をつけていること

今後同じような状態にならない為に、以下の様なことに気をつけています。

・人に嫌われても気にしない
いくら好かれようとがんばっても嫌われるときは嫌われます。

・仕事が出来る出来ないで人を評価しない
仕事中心の生活になると人の評価も仕事が全てになりがちです。今から考えると社会人になって以来、本当に嫌な人間になっていたと思います。仕事が出来る・出来ないなんてその人の一側面でしかありません。

・仕事の評価が悪くても気にしない
同上。ごくたまに人間扱いしない人もいますが、「あー、そういう人なんだなぁ」と思う事にしました。

・疲れたときは早めに休む
有給休暇はちゃんと消化しようとしています。さすがに完全消化は無理ですが。

・無理な事はあきらめる又はやらない
出来ないときは「出来ません」と言えるようになりました。気力でなんとかしようなんて全く思わなくなりました。

・よく食べてよく寝る
案外これって大事なんじゃないかと思います。とくに睡眠不足は厳禁です。

自分勝手のススメ

幼い頃からの教育の賜物かも知れませんが、止めること、諦めること、出来ないと言うことにどこか罪悪感がある人って多いと思います。

自分が納得するまで続けること、がむしゃらにがんばること、どちらも大事なことかもしれませんが、直接的・間接的問わず人から押し付けられるものではありません。

自分を犠牲にして誰かに仕えるのは昔からの日本人の美徳ではあります。でもそれは仕える相手も思いに答えることが前提であって、単にこき使おうとする人間に対してまでそうである必要は無いのです。

これから社会人になる方も、良い意味で自分勝手に行動してみてください。きっと結果的にそのほうが組織の利益にもなるはずです。

ではでは。

関連動画

関連記事

  1. 阪急ハイキング 芦屋川
  2. 【意見】" 経済的に余裕が無いから結婚できない "は考えを変える必要有り?
  3. 【ゲーム】逆転裁判の新プロジェクトが始動その名も「 大逆転裁判 」
  4. 【自分語り】" 親知らず "との戦いの記録を振り返ってみる
  5. 【自分語り】" 禁煙直後 "の超強烈な睡魔との格闘の記録
  6. 【意見】" ブログの収益価格 "を元不動産屋的に考えてみた

コメントをお待ちしております

コメントを残す

Archive

PR

カメラ関連記事

  1. 【京阪神名所案内】 甲山 ウォーキングと有馬金の湯
  2. 【PENTAX K-50撮影記10】大雨の屋久島で" 防滴性能 "を身を持って試してきた
  3. 【PENTAX K-50撮影記8】" PENTAX K-50関連記事 "をまとめてみた