1浪2留の私大文系卒が10年以上前の就活を今更振り返ってみる

【自分語り】1浪2留の私大文系卒が10年以上前の就活を今更振り返ってみる

1浪2留:書類審査の壁

Twitterで就活の話題が多く出てたので、僕の頃はどんな感じだったか思い出してみました。
僕の場合は1浪2留で大学を卒業しましたので、人より3年社会人のなったのが遅いです。これだけ寄り道してる人間も多少は珍しいと思うので、人より多く通ってしまった人たちの気休めになればとも思います。

僕が就職活動をした2003年はちょうど今と同じくらいの景況感だったと思います。バブル後の不景気から抜け出し、ちょっとずつ景気が上向きになってきた、それくらいの時期です。

就職内定率は、2003年は2月1日現在で83.5%、2014年は82.9%なのでちょっと良いくらいでしょうか。

リクナビ等のネットが本格的に利用されはじめた時期でした。まだまだ冊子も利用されていましたが、やっぱり主流はネットに移行していました。

僕が就職活動をする2年前にストレートで卒業をした当時の彼女(今の奥さん)に色々と教えてもらい、分かったつもりになって、リクナビなんかで「一括エントリー」をしまくっていました。

あっという間に受信ボックスが未読メールで埋まりました。

必死に対応しましたが、半分以上は書類選考で落とされました。ストレートで卒業した彼女曰く、「面接までは呼んでもらえるんちゃう?」ってことだったんですが、そんなことは無く、あまり高くない勝率で書類審査を突破し、面接に呼ばれたとしても必ず3年遅れの理由。特に2留の理由を聞かれ、遊んでました以外答えようが無く、面接序盤で落とされるってパターンがほとんどでした。

考え方を変えてみた

このままでは埒があかない、と感じ、考え方を改める事にしました。

まず、上場企業指向が強く、大手ばかり狙っていたのを改め、それまでの就活で比較的年増に優しいと感じた業界に狙いを絞りました。また、2留という必ず突っ込まれる場所が分かってるので、説明がしっかり出来るようにしました。

僕の場合は資格試験の勉強と、某新聞社でのアルバイト、後は自治体主催の起業家学校にちょっと通ったことがあったので、その3点を軸にハッタリを交えて言いたいことを考えました。0を1というのは嘘ですが、1を10というのは嘘では無いのです。多分。

結果

結果的にはゴールデンウィーク前に中規模の不動産仲介会社に就職することが出来ました。

その頃には面接も場慣れしてきて、年増を突っ込まれてもかなり堂々と答えられるようになっていたので、もう少しがんばればもうちょっと大きな所に行けたかもしれませんが、ゴールデンウィークまでに就活を終えたかったので、それ以上の就活はしませんでした。

現在

今は、(一応)一部上場メーカーの管理部門で働いています。新卒時は書類審査で問答無用ではねられた会社ですが、紹介会社経由で転職をしてきました。評価されたのは前職時代の経験と成功体験だったみたいです。

人生、どう転ぶか分かりません。これまでも、もちろんこれからも。

ではでは。

追記

この記事、検索から来てくれてる方が多いようです。色々不安も有ると思いますが、何とかなるもんですよ。
『今日という日は、残りの人生の最初の一日。』
今までのことを振り返るのは大切ですが、後悔しても仕方ありません。これからに活かす方法を前向きに考えてみる機会にしてほしいですね。

関連動画

関連記事

  1. 【京阪神名所案内】京セラドームのオリックス" アドバンスチケット "はお得
  2. 【意見】集中できるのは" 深夜作業と早朝作業 "どっちか考えてみた
  3. 【自分語り】" 親知らず "との戦いの記録を振り返ってみる
  4. 【旅行記】有馬温泉" 金の湯 "での出来事
  5. 【旅行記】 屋久島 2日目:雨の中の 縄文杉 トレッキング2
  6. 【旅行】京都御所春季一般公開に行ってきた(京都市上京区)
  1. レバ丸 2017.10.17 12:01am

    こんにちは、来春新卒就職する者です。

    私は1浪3留私大文系学部の人間です。偏差値で言うとマーチ・関関同立よりも下の大学群に属しています。
    2・3年前にこちらの記事を拝見し、後ろ向きだった気持ちが少し立ち直りました。

    前述の通り決して綺麗な経歴とは言えないのですが、今年の就職活動では開き直って前向きに取り組んだ所、売り手市場であったこともあり、無事中小と大規模IT企業2社から内定を頂くことができました。

    もしまたこちらのブログをご覧になっている留年就活生がいらっしゃれば、筆者様だけでなく、私の様な経歴でも何とかなるということが少しでも励みになればと思い、コメントさせて頂きました。

    都合3度就職活動して、前回前々回の就活との違いを挙げるならば、面接ではできる限り負の雰囲気を出さず、明るく、を心掛けたことです。自身の経歴の負い目に捕らわれ過ぎると面接官にマイナス評価を与えてしまうと思います。
    空元気でも良いので、踏ん張ってください。なんとかなると思ってマイペースで頑張ってください。

    • 0
    • 0
    • Iebata 2017.10.18 7:48pm

      こんな放置ブログにコメントいただきありがとうございます。感謝感謝です。確かに気持ちは大事ですね!人生回り道してもなんとかなります。多浪多留の後輩達には気楽に頑張ってもらえればと思いますねー。

      • 0
      • 0

コメントを残す

Archive

PR

カメラ関連記事

  1. 【京阪神名所案内】 甲山 ウォーキングと有馬金の湯
  2. 【PENTAX K-50撮影記10】大雨の屋久島で" 防滴性能 "を身を持って試してきた
  3. 【PENTAX K-50撮影記8】" PENTAX K-50関連記事 "をまとめてみた