【旅行記】 屋久島 2日目:雨の中の 縄文杉 トレッキング1

【旅行記】 屋久島 2日目:雨の中の 縄文杉 トレッキング1

あいにくの雨、それもシトシトどころじゃない雨ですが、縄文杉 トレッキングに出発します。

雨の中の 縄文杉 トレッキング

4時15分、ホテルのロビーでガイドさんと合流、フロントで朝食のお弁当を受け取り、ガイドさんの車で、登山口へ向かうバス乗り場に向かいます。ガイドさんに教えてもらったんですが、JRホテルで用意してもらえるお弁当は「できたて屋2」というお弁当屋さんのお弁当です。ホテルで手配してもらうと、朝フロントで受け取れますが650円、直接お弁当屋さんに頼むと、取りに行く必要がありますが、500円です。ちっちゃい差ですが、手間を取るかお金を取るかですね。

だいたい30分位でバス乗り場に到着、外はまだ真っ暗ですが、雨音とバスのライトに照らされた雨粒からかなり雨が降っているのが分かります。おまけにちょっとづつ風も強くなってきています。

こんな天気にも関わらず、平日にも関わらず、バス乗り場にはかなりの行列が出来ています。ガイドさん曰く、ハイシーズンにはバスに乗るのに1時間以上掛かることもあるんだとか。外が雨なので屋根のあるバス乗り場で朝食のお弁当を食べます。このまま雨が降っていれば、昼食は傘差したまま食べることになるとのこと。なんだかなぁ……。

ちょうど朝食を食べ終わった頃にバスに乗り登山口へ。簡単に準備運動とトイレ(これ重要)を済ませ、いよいよ縄文杉に向けて出発します。
【旅行記】 屋久島 2日目:雨の中の 縄文杉 トレッキング1
全ルートの5分の3はトロッコ道を進みます。軽い登りではあるものの、山登りをしている感覚はあまりありません。雨こそふっていますが、その分かなり涼しく、立ち止まると寒いくらいです。森もうっすら霧がかかり、なんとも言えない雰囲気です。怖かったのが橋です。普段の流れは分かりませんが下を流れる川はすさまじい水量です。この水量が豊かな森をはぐくんだんだなぁなんて悠長なことを考えている余裕はありません。おまけにトロッコ道なので手すりなんかありません。万一つまずいてこけ方が悪かったら確実に命を落とすレベルです。

そんなこんなで何とかトロッコ道の終点へ。

以下は次のエントリにて……。

ではでは。

関連記事

  1. 【意見】35~40歳位が一番損な世代って言われたことについて
  2. 【旅行記】屋久島 4日目:結局" 台風12号 "で帰れず……
  3. 楽譜も読めないオヤジが「1万人の第九」に初参加してみたよ
  4. 【意見】お酒で醜態を晒した反省に" 悪酔いしない方法 "を考えてみる
  5. 【意見】集中できるのは" 深夜作業と早朝作業 "どっちか考えてみた
  6. 【意見】総務部員に必要なスキルを語ってみる。

コメントをお待ちしております

コメントを残す

Archive

PR

カメラ関連記事

  1. 【京阪神名所案内】 甲山 ウォーキングと有馬金の湯
  2. 【PENTAX K-50撮影記10】大雨の屋久島で" 防滴性能 "を身を持って試してきた
  3. 【PENTAX K-50撮影記8】" PENTAX K-50関連記事 "をまとめてみた