京都御所春季一般公開に行ってきた(京都市上京区)

【旅行】京都御所春季一般公開に行ってきた(京都市上京区)

京都御所春季一般公開

京都御所春季一般公開に行ってきました。京都御所は明治時代まで、歴代の天皇が住まわれた場所です。公園部分を京都御苑、天皇のお住まいである建物部分を京都御所と言います。

京都御苑は東西700m、南北1,300mの長方形の敷地です。駅で言えば地下鉄烏丸線の『丸太町』駅から『今出川』駅までの1駅分の大きさがあります。総面積は92ヘクタール、東京ドーム20個分弱の敷地です。

詳細は例によってWikipediaにお任せすることにします。

京都御苑は大学の隣にあったので、学生時代はよくここでボーッとしたり、弁当を食べたりしていました。特に留年中は友達もいなかったのでここのハトが一番の友達で……、とトラウマを語るのは止めておきます。

御所の周りはくるくると皇宮警察の車がいつも廻っていています。御所の塀にはセンサーがあって、うっかり触れてしまおうものなら大音響の警告音が流れ、皇宮警察が飛んで来るという寸法です。

肝心の一般公開の展示内容ですが……、当方、あんまし詳しくないので、解説されたサイトを紹介することにします。

京都御所の一般公開に行ってきました
京都御所 春の一般公開 2008年
京都御所 一般公開 [京都]

【旅行】京都御所春季一般公開に行ってきた(京都市上京区)

一般公開は、春と秋、毎年2回行われています。どちらもそれぞれ趣がありますが、やはり桜が美しい春の方をお勧めしたいです。

御苑内にも臨時のお茶屋さんが出て、とても風流なお花見が楽しめます。でも、人はめちゃくちゃ多いです。

御所内はとても広くてびっくりしますが、考えてみれば、天皇にとってはこの中から外に出ることはほとんど無かったってことを考えると、これだけ広くて当たり前かもなぁ、なんて気持ちにもなりました。

ちなみに予約などは必要なく無料で見ることができます。入場前には手荷物検査などもあり、ちょっとものものしい雰囲気です。

京都人からしたら、京都こそが正当な天皇の住まいであり、東京都なんて単なる”東の京都”で、仮の住まいであると思ってるとかいないとか。神戸人なんで分かりませんけど。

京都御苑の周りにも感じのいい甘味処がたくさんあります。同志社大学の方まで行けばパパジョンズみたいなカフェもありますし、歩きつかれたときはゆっくりお茶をするのも良いですね。

御所近辺のお勧めのお店は明日と明後日のエントリでご紹介したいと思います。

ではでは。

関連動画

関連記事

  1. 【旅行記】" 屋久島旅行 "を計画する時、注意すべきこと(登山編)
  2. 2014年にモノにしたい本10冊+α
  3. 【京阪神名所案内】西宮北口で肉を買うならココ" 山垣畜産 "
  4. 【旅行記】運動不足夫婦が" 屋久島 "でトレッキングに挑戦した(準備編)
  5. 【旅行記】屋久島 5日目:さらば屋久島、" 鹿児島 "をブラブラ
  6. 【ダイエット記録5】1泊2日の" 名古屋出張 "で思いっきりリバウンドした

コメントを残す

Archive

PR

カメラ関連記事

  1. 【京阪神名所案内】 甲山 ウォーキングと有馬金の湯
  2. 【PENTAX K-50撮影記10】大雨の屋久島で" 防滴性能 "を身を持って試してきた
  3. 【PENTAX K-50撮影記8】" PENTAX K-50関連記事 "をまとめてみた