経済的に余裕が無いから結婚できないってことは無いと思う

【意見】" 経済的に余裕が無いから結婚できない "は考えを変える必要有り?

経済的に余裕が無いから結婚できない

最近の報道ですが、晩婚化が進んでいる理由で、男性側の回答として、「経済的に余裕が無いから結婚できない」というのが一番多いみたいですね。

実際僕も20代の頃は同じような理由でなかなか結婚に踏み切ることが出来ませんでした。でも実際結婚してみると、今のところは案外何とかなってます。ですので、結婚には本当に金がかかるのか考えてみました。

イニシャルコスト
まず、結婚前に掛かる費用は2人でじっくり考える必要があります。特に男性は結納などで、すさまじいお金がかかると言うイメージを持っている人がいるかもしれません。
でも当事者が納得していれば、必ずやる必要があるもんでもないと僕は思います。実際僕らは一切しませんでした。というか出来ませんでした。そもそもまとまったお金が無かったので。

ランニングコスト
まず、意識したいのは、いきなり「養おう」とは考えないということです。「経済的に……」と思ってる方は、「自分ひとりでもいっぱいっぱいなのにもう1人(+子供)なんて!」って考えてる人が多い気がします。追々そうなりたい気持ちは分かりますが初めからそうあるべきと考える必要はありません。まずは2人で共同生活が営めるかを基準に結婚を考えてみれば良いと思います。もちろん両方とも仕事はしばらくは続ける事が前提です。

共働きを基準に考えると、住居費などダブってるコストが効率化されるので、金銭的なメリットも多少は出てきます。会社によっては福利厚生制度もあるかもしれませんし、自炊中心になる食事代などの圧縮もバカになりません。

そこまで無理しなくても、もうちょっと余裕が出来てから結婚すれば良いじゃんと思う方もいるかも知れません。ですが、特に子供が欲しい方にとっては、年齢を重ねてからの結婚は妊娠に関する諸々のリスクの増加に繋がります。相手がいるにも関わらず、「経済的に」と言う理由で女性に年を重ねさせるのは大きな後悔に繋がるんじゃないかなあと僕は思います。というか実際ちょっと後悔しています。やっぱりお金よりも大切なのは時間です。

でもまあ、うちはお金は無いし、僕はエロゲをする時間も減ったけれど、結婚してみても案外楽しいもんですよ。多分。

ではでは。

関連動画

関連記事

  1. 【雑貨】嫁さんのリクエストで京都錦市場の" 有次 "で行平を買った
  2. 【意見】" ブログの収益価格 "を元不動産屋的に考えてみた
  3. 【 一万人の第九 練習1日目 】楽譜も読めないオッサンが頑張ってみる
  4. ベートーヴェン交響曲第九番
  5. 【自分語り】たいてい三日坊主だったけど" ほぼ日手帳 "は意外に続いてる
  6. 【食べ歩き】仕事帰りのお勧めポイント、" 新梅田食道街 "の魅力(大阪梅田)

コメントをお待ちしております

コメントを残す

Archive

PR

カメラ関連記事

  1. 【京阪神名所案内】 甲山 ウォーキングと有馬金の湯
  2. 【PENTAX K-50撮影記10】大雨の屋久島で" 防滴性能 "を身を持って試してきた
  3. 【PENTAX K-50撮影記8】" PENTAX K-50関連記事 "をまとめてみた