マイナス思考を克服する為に意識改革をしてみる

【自分語り】" マイナス思考 "を克服する為に意識改革をしてみる

マイナス思考の原因は?

死ぬなら胃ガンだと断言できます。それくらいの” マイナス思考 “心配性・ネガティブシンキングな性格です。物事を否定的に捉えるスペシャリストです。

最近、多くのストレスに晒され、色々ヤバいので自分なりに意識改革を行ってみることにしました。

Wikipediaによると、マイナス思考の人間の特徴として、

悲観的、自虐的、自己否定、内気、うつ的傾向、過去にこだわる、非社交的、劣等感が強い、過去の失敗にこだわる、「まだ」と考えず「もう」と考える、他人は幸福だと考える、自分の考えが否定されると全人格を否定されたと考える、気分転換ができない、細かいことや人の目が気になる、いい事はなかなか信用しないが、悪い事は簡単に信用してしまう。

うは、俺がいるw

んで、原因としては、

原因は生まれつきの性格や小児期における親のしつけや教育、友達からのいじめや喧嘩などのなかで、否定的な思考を植え込まれたケースなどが考えられるが、最近の脳生理学的な研究によりセロトニンという脳内物質の不足との関係が指摘されている。

フムフム、性格とセロトニンという脳内物質の不足が関係してるのかと([要出典]は気になるけど)。性格を変えるのは時間がかかりそうなんですが、セロトニンという脳内物質を増やすってのは対策が打てそうです。まずはこっちから考えてみたいと思います。

セロトニンを増やす

以下のサイトを参考にしました。

参考
セロトニンを増やす方法
幸せ物質「セロトニン」をドバドバ増やす方法
ストレスに強くなる!幸せ物質「セロトニン」を増やす方法
有田秀穂先生『腸内セロトニンの増やし方』

食生活
トリプファンなる物質が特に大切なんだそうです。一番良いのはバナナで、セロトニンを合成する為に必要な栄養素が全て含まれているそうです。よし。バナナね。毎朝食べるぜ。ウキッ。

生活習慣
セロトニンが不足する最大の原因は、運動をしないことと、日光を浴びないことです。そういえばうつになる直前はどっちも全然してなかったなぁと思います。まぁ、これは前回のダイエットのエントリで運動をすると決めたので、それが続き限りは不足することは多分無いでしょう。続ければ。運動の中でも、大切なのは30分間はリズミカルに体を動かすことだそうです。スキップでもするか。変な人になるけど。

意識改革

こちらは時間がかかりますが、性格を「マイナスからプラス! ネガティブからポジティブに!」ということでスマイルセラピーに行く気はありませんが、意識改革も行っていかないといけませんね。

「周りは自分が思ってるほど自分を気にしていない」
「そのうちなんとかなる」

この辺を座右の銘として生きて行こうと思います。

ではでは

関連動画

関連記事

  1. 【 一万人の第九 練習2日目 】写真撮影とやっぱり七転八倒
  2. 【意見】関東のうどんをバカにしてる関西人は" 武蔵野うどん "を食べるべき
  3. 【旅行】京都御所春季一般公開に行ってきた(京都市上京区)
  4. 【ダイエット記録5】1泊2日の" 名古屋出張 "で思いっきりリバウンドした
  5. 【自分語り】" 夏のボーナス "で欲しいものを熟考してみる
  6. 【自分語り】" シニア社員 "が増えてきた職場で感じること

コメントをお待ちしております

コメントを残す

Archive

PR

カメラ関連記事

  1. 【京阪神名所案内】 甲山 ウォーキングと有馬金の湯
  2. 【PENTAX K-50撮影記10】大雨の屋久島で" 防滴性能 "を身を持って試してきた
  3. 【PENTAX K-50撮影記8】" PENTAX K-50関連記事 "をまとめてみた