ブログの収益価格を元不動産屋的に考えてみた

【意見】" ブログの収益価格 "を元不動産屋的に考えてみた

ブログの収益価格

随分前に、ブログの価値を収益価格的アプローチで考えているブロガーさんを何人か見かけましたので、僕も元不動産屋的に今更ながらブログの収益価格を考えてみることにしました。

収益価格ですので、当然、投資目的で購入しようと言う人を想定しています。ブログの執筆を引き継ごうと言う人やドメインを購入したいと言う人は想定していません。

広告収入が月に30万円程度、アフィリエイト収入と月極広告の割合は半分半分くらいのブログを例として考えてみます。

年間収入は約360万円ですね。現在の運営者にとっての経費は、電気代とサーバ代、取材費など多くて月2万円位だと思いますので、ネットキャッシュフローは月336万円です。

ですが、前述の様な投資目的でこのブログを買おうとしている人の立場に他って考えると経費はちょっと変わってくるかもしれません。そもそもこのブログの競争力の源泉は当然記事にありますので、記事の執筆を依頼する費用も経費に加える必要があります。毎日更新するとして1記事4,000円で月万円です。この場合だとトータルで月12万円、年間144万円の経費が掛かります。前述の基本的も含めれば、経費は168万円、収入は192万円となります。

ブログの場合は価値の源泉は記事、ひいては現在の運営者にあります。現在の運営者が長期で執筆し続けることを合意してくれない限り、投資目的では購入できませんね。

これを期待利回りで割り戻すと超簡単な収益価格は出せます。長期金利を基本に考えている方もいましたがさすがにちょっと無謀かと思います。不動産の期待利回りが地方であればだいたい10%をちょっと切るくらいですね。

例えば、あなたが1000万円持ってたとして、純収益で年間100万儲かる大阪の賃貸マンションと、同じく純収益で100万儲かる有名ブログ、どっちに投資するでしょうか?儲けたいという動機で考えれば殆んどの人が賃貸マンションを選ぶと思います。

その他諸々の投資対象と比較しても、リスクを考えれば個人的にはブログの期待利回りは20%位程度は必要と見ます。アフィリエイト収入の不安定さを考えれば、これでも低いくらいかも知れません。20%で考えると売却価格は960万円くらいとなります。高いと見るか低いと見るか。どうでしょう?

ただ、現在運営している人にとってはもちろんこれ以上の価値があるでしょうし、投資目的以外でももっと大きな金額になる可能性があります。あくまで投資目的と考えた場合の参考値ということで。というより、価値の源泉が運営者にある以上、投資対象としては適さないと思いますので、収益価格で考えることそのものが誤まりであると感じますね。

ではでは。

関連動画

関連記事

  1. 【意見】" 経済的に余裕が無いから結婚できない "は考えを変える必要有り?
  2. 【意見】官兵衛も傷を癒した" 有馬温泉の魅力 "をまとめてみる
  3. 【京阪神名所案内】京セラドームのオリックス" アドバンスチケット "はお得
  4. 【自分語り】" シニア社員 "が増えてきた職場で感じること
  5. 【意見】お酒で醜態を晒した反省に" 悪酔いしない方法 "を考えてみる
  6. 【動画】35歳前後のおっさんホイホイな動画をまとめてみた01(YouTube)

コメントをお待ちしております

コメントを残す

Archive

PR

カメラ関連記事

  1. 【京阪神名所案内】 甲山 ウォーキングと有馬金の湯
  2. 【PENTAX K-50撮影記10】大雨の屋久島で" 防滴性能 "を身を持って試してきた
  3. 【PENTAX K-50撮影記8】" PENTAX K-50関連記事 "をまとめてみた