30代半ば以降の皆様、ちゃんと回復できてますか?

【意見】30代半ば以降の皆様、ちゃんと" 回復 "できてますか?

回復は大事

今日は回復のことについて書いてみたいと思います。ロールプレイングゲームなんかでは1日宿屋に泊まればHPとMPが完全回復するのが定番で、「んなわけあるかよ」と子供ながらに思ったもんです。

でも、よくよく考えてみると、10代、20代の頃は一晩たっぷり寝て起きれば、体力的にも精神的にも結構なんとかなったって経験もありますので、あながちロールプレイングゲームの宿屋がおかしいと言えないかもしれません。もちろん外傷が1番寝れば癒えるわけないんですけど。

この回復力が30代半ばになると急激に落ちてきます。単に寝るだけではスッキリすることが少なくなってくるのです。理由として考えられるのは、自分自身の衰えと、疲れの種類の変化です。

自分自身の衰え
まずは、体力的な衰えです。体力の衰えは、活動時間中はもちろんですが、睡眠の質にも変化を与えます。ぐっすり眠るのも体力が必要なんです。

精神的にももろくなってきます。自覚できないかも知れませんが、そのせいで謝らなくなる、プライドが高くなると言ったように、自分を守ろうという壁が高くなってきます。

社会規範や固定観念も確立されてきますので、レールを外れることへの恐怖感が高くなってきます。

疲れの種類の変化
主に精神的な疲れについて言えることですが、疲れの原因になるプレッシャーが継続性のあるものになってきます。

仕事では部下を持つなどある程度責任あるポジションに就くようになりますし、家族等、守るものも増えてきます。部下・家族など自分の行動が他者の人生に影響与えるケースが増えてきます。逆に仕事やプライベートでそんな立場になれないことそのものがプレッシャーになるケースもあります。

当然これらのプレッシャーは一過性のものではなく継続するものです。

こうなると、自分のHP、MPは簡単には回復しません。10代、20代の様に寝れば元気になることは少なくなってきます。しっかり回復する為にも工夫が必要になってきます。

ポイントは休日の使い方

個人的には休日をどれだけ楽しめるかが回復の鍵だと考えています。

やらされ感を持たない
休日にはやらされ感を持たないような時間を作ったほうが良いです。家族サービスや接待ゴルフ等々、休日全部が自由になる人は稀かもしれませんが、半日程度は自由に出来る時間を作りたいですね。

仕事からは離れる
その半日の間は仕事用のスマホは気にしないようにします。休日を楽しむことにしっかり集中します。

達成感を持つ
その中で小さなことでも良いので何か達成感をもって休日を終われるようにすることが大事です。消化不良で終わるとそれがプレッシャーになってしまいます。

プレッシャーから開放されてしっかり休日を楽しむことも大切です。

義務感を軽減する意識改革を

まじめな人に多いんですが、とにかく自分が何とかしないとって考える人の方が回復も鈍いです「いい加減」を許容できるように意識を変えていくことも必要ですね。部下も家族も自分守るべき対象ではなく、一緒に進むパートナーでもあります。そのことに気付ければ精神的には少し楽になるはずです。

皆さんはどんな方法で回復してますか?是非聞かせてください。

ではでは。

関連動画

関連記事

  1. 【 一万人の第九 練習1日目 】楽譜も読めないオッサンが頑張ってみる
  2. 【食べ歩き】パン屋激戦区、" 夙川・苦楽園口のパン屋 "をまとめてみた
  3. 【意見】" 酒の飲めない嫁 "との晩酌をより楽しくするためのコツとアイデア
  4. 【ゲーム】逆転裁判の新プロジェクトが始動その名も「 大逆転裁判 」
  5. 【旅行記】運動不足夫婦が" 屋久島 "でトレッキングに挑戦した(準備編)
  6. 【意見】集中できるのは" 深夜作業と早朝作業 "どっちか考えてみた

コメントをお待ちしております

コメントを残す

Archive

PR

カメラ関連記事

  1. 【京阪神名所案内】 甲山 ウォーキングと有馬金の湯
  2. 【PENTAX K-50撮影記10】大雨の屋久島で" 防滴性能 "を身を持って試してきた
  3. 【PENTAX K-50撮影記8】" PENTAX K-50関連記事 "をまとめてみた