【自分語り】主に夏と冬に発生する我が家の 室温問題 について

【自分語り】主に夏と冬に発生する我が家の 室温問題 について

夫婦生活を始めると、お互いの嗜好や体調、性格の違いからお互いに我慢をすることも増えてきます。その結果口論になることもちょくちょくなんですが、はたから見たらめちゃくちゃ些細なことが理由だったりすることも多いです。本人同士にとっては大問題だったりするんですけど。

そんな中でも今回は夏と冬に我が家で一番揉めた室温問題について書いてみたいと思います。

我が家の 室温問題

【自分語り】主に夏と冬に発生する我が家の 室温問題 について
快適と感じる室温には個人差がありますが、僕ら夫婦はまさに両極端。僕が極度の寒がりで嫁さんが極度の暑がりです。

僕は冬が大嫌いで、真冬であっても家の中は常夏であって欲しいのです。パンツいっちょうでアイスキャンディーが食べられるくらいの温かさが理想です。なので冬はエアコンをガンガン、夏は汗をかきかき過ごせばいいやんと思ってます。

一方嫁さんは、夏が大嫌いです。夏でも部屋ではアツアツのうどんを汗をかかずに食べたいのだそうです。なので、冬は寒かったら厚着すれば良いでしょ、夏こそエアコンガンガンかけないと、と思ってるみたいです。

最初は遠慮してお互い我慢するんですが、1年もすると徐々に衝突し始めます。

冬のある日、駅から震えながら帰宅したのに、家の中が外とほぼ変わらない温度だったことにとうとう僕がプッツンしてしまい、エアコンのリモコンをはさんで、「20度くらいでちょうど良い」「28度は必要に決まってる」とたったの8度くらいの幅で大喧嘩です。

その後はさすがにお互いに歩み寄らなきゃならないことを理解し、自然と極端な温度設定でエアコンをかけなくなりました。でも、これでも結構ストレスなんですよね。家のなかという一番リラックスできる空間が自分の思い通りにならないと言うのはつ小さなことであっても案外苦痛なんですね。

でも、今の時期、控えめなエアコンの家の中は今までの僕の感覚ではめちゃくちゃ寒いと思うんですが、ちょっとづつ慣れてきています。嫁さんも最近は汗をかいても今まで程は気にしなくなったようです。冬にアイスが食べられなくなったのはちょっと寂しいですけど……。

ではでは。

関連動画

関連書籍

関連記事

  1. 【自分語り】" 禁煙直後 "の超強烈な睡魔との格闘の記録
  2. 【自分語り】貯金無し、友達もいないけど、結婚式やってみたよ
  3. 【お知らせ】久しぶりのブログ更新で近況報告してみる
  4. 【意見】関東のうどんをバカにしてる関西人は" 武蔵野うどん "を食べるべき
  5. 【意見】" ブログの収益価格 "を元不動産屋的に考えてみた
  6. 【音楽】映画音楽の巨匠、" ハンス・ジマー "の世界をまとめてみた(YouTube)

コメントをお待ちしております

コメントを残す

Archive

PR

カメラ関連記事

  1. 【京阪神名所案内】 甲山 ウォーキングと有馬金の湯
  2. 【PENTAX K-50撮影記10】大雨の屋久島で" 防滴性能 "を身を持って試してきた
  3. 【PENTAX K-50撮影記8】" PENTAX K-50関連記事 "をまとめてみた