これからのサラリーマンにこそ大事なタイムマネジメント

【意見】これからのサラリーマンにこそ大事な" タイムマネジメント "

タイムマネジメント

景気は徐々に良くなってきている、と言うものの、僕ら若手・中堅サラリーマンにとっては「将来大丈夫なの?」って思うニュースもいっぱいありますよね。

直近で言えば、消費税増税がありました。来年にはさらに上がって10%になる予定です。ベースアップのあった企業もありますが、増税の負担増を補いきれるものでは無いところが殆どだと思います。増税の他にも、将来不安てんこ盛りです。

「ヒラ社員も残業代ゼロ」構想の全内幕
年金受給開始年齢引き上げ “元を取る”には何歳まで生きればいい?
配偶者控除、専業主婦世帯の優遇をなくし共働き世帯と同額に 自民党提言

もしかしたら、残業代が出なくなって、実質所得が下がり、各種控除も無くなって貯蓄をする余裕が無くなるのに、年金の支給開始年齢が引き上げられて、「どうやって生きろと?」ってなる可能性があるよってことですね。そうなる頃には今議論してる政治家や官僚の偉い人たちは殆どこの世にはいませんので、文句言うところもありません。

夫婦共働きであれば、まだ貯蓄をする余裕はあるかも知れませんが、共働きでないと生きていけない社会であって欲しくはありませんよね。専業主婦(夫)を選択しても生きていけるような制度設計にして欲しいもんです。

と、文句を言っても仕方がありません。あくまで可能性の話ですが、最悪の未来がある以上、備える必要があります。

支出の見直しなどの基本的な対策は当然必要ですが、物理的にも精神的にも豊かに生きるためには、より大きな生活改善・意識改革が必要です。サービス残業に励んで身を粉にして働いていれば、家族をそれなりに養えて、とりあえず、老後の安定は保証されるというサラリーマン的大前提が崩れる可能性がありますから。

目指すべき方向性は2つあります。1つは会社での出世、もう1つは会社依存からの脱却です。方向性は間逆の両者ですが、必要なことは同じ、タイムマネジメントです。

会社での出世を目指す場合、新しい業務に取り組む時間、語学や会計知識等の知識を習得する時間が絶対に必要です。

会社以外に収入の柱を作る場合は会社の業務は残業などせずにとっとと終わらせたほうが良いに決まっています。

時間の作り方

まずは定時で仕事を終えるために業務効率を高めることが第一です。とは言え、残業代がなくなるとオーバーワークを気にせず上司が仕事を投げてくることも想定されますので、方向性によっては「その納期じゃ無理です」とはっきり言える肝っ玉も大事かもしれません。

物理的な方法で言えば、思い切って会社の近くに引っ越す。朝1時間早く起きるなどの方法があります。

より濃い時間を過ごせるように

苦労して作った時間です。効率的に投資する必要があります。スキルを高めるにしても、副業を始めるにしても投資対効果は最大限に保てるようにするべきです。プランニングと効果の検証は定期的に行う様にしたほうが良いですね。

余暇も含めて、より濃密な時間を過ごせるよう努力することが結果的に、将来の自分を助けると思います。

ではでは。

関連動画

関連記事

  1. 【動画】35歳前後のおっさんホイホイな動画をまとめてみた01(YouTube)
  2. 【意見】" ラジオ "中心生活に転換してみたら使える時間が大幅に増えた
  3. 【意見】総務部員に必要なスキルを語ってみる。
  4. 【自分語り】1浪2留の私大文系卒が10年以上前の就活を今更振り返ってみる
  5. 【自分語り】主に夏と冬に発生する我が家の 室温問題 について
  6. 【 一万人の第九 練習2日目 】写真撮影とやっぱり七転八倒

コメントをお待ちしております

コメントを残す

Archive

PR

カメラ関連記事

  1. 【京阪神名所案内】 甲山 ウォーキングと有馬金の湯
  2. 【PENTAX K-50撮影記10】大雨の屋久島で" 防滴性能 "を身を持って試してきた
  3. 【PENTAX K-50撮影記8】" PENTAX K-50関連記事 "をまとめてみた