貯金無し、友達もいないけど、 結婚式やってみた

【自分語り】貯金無し、友達もいないけど、結婚式やってみたよ

結婚式 何処でやる?

【自分語り】嫁さんへの感謝と自分の人付き合いの下手さについて語ってみる」にも書いたとおり、僕は親友と呼べるような長い付き合いの友人がいません。嫁さんもそんな事情は察してくれてるので、一昨年の入籍前は当然の様に結婚式はするつもりはありませんでした。

そのことを伝えると、それぞれの両親があまりに寂しそうにするので、親族だけのこじんまりした結婚式を挙げてみようか、という話になりました。というより僕から話しました。いたたまれなくて。

結婚式をやろうと決めた時、貯金は全くありませんでした。それどころか新居用の家具をボーナス払いで買い揃えた為、実質赤字の状態です。

入籍する時に親からの資金援助は2人とも断っていたため。今更出してくれとも言えません。ですので、1年後に式を挙げることにして、貯金を始めることにしました。

海外挙式が友達も呼ばない理由も立てやすいかなと思ったのですが、資金面から当然NG。同志社の卒業生は大学内の講堂で安く挙式が挙げられるので、必然的にそこに決まりました。

「最後に記憶に残るのは食」というポリシーのもと、せっかく京都まで来てもらうんだから京都らしい食事をということで食事会だけは料亭でちょっと奮発することに決めました。

大体の費用を計算し期間で割ってみると、結果、共働き2人分の収入の余剰分をほとんどを貯金にぶち込むことになりました。

収支について

結果的に式と食事会を含めるとかなりの金額になります。大人数の挙式だと祝儀や会費で回収可能ですが、少人数だと必ず赤字になります。食事学は一定だとしても、1人あたりが負担する会場費などの費用が相対的に高くなるからです。よくある”いっぱい人を呼んで祝儀で全額回収!”的な手法は使えません。悩みましたが、恩返しだと思って割り切ることにしました。

結果どうだったのか

【自分語り】貯金無し、友達もいないけど、結婚式やってみたよ
はっきり言って、当初は全然乗り気じゃ有りませんでした。でも結果的にはやって良かったと思います。プランナーさんがしっかり支えてくれたので、色々な心配はすべて杞憂に終わりました。両親もうれしそうだったし。何より嫁さんが一番喜んでました。

資金の関係で、結婚→引っ越し→結婚式→新婚旅行とそれぞれかなり期間があいてしまいましたが、結果的にはこれで良かったかなと思います。つうより全部一緒に企画・実行するなんて、僕ら的には多分無理です。

まぁ、こんなイレギュラーなやり方ができたのも、それぞれの両親の理解があってこそなんですが。

と、いうわけで、友達いないから結婚式したくないって思ってる人に言いたい、
やってみると案外たのしいですよー!

ではでは

関連動画


関連記事

  1. 阪急ハイキング 芦屋川
  2. 【自分語り】嫁さんへの感謝と自分に人付き合いの下手さについて語ってみる
  3. 【旅行記】" 屋久島への交通手段 "を選択するときに注意すべきこと
  4. ベートーヴェン交響曲第九番
  5. 【意見】" ブログの収益価格 "を元不動産屋的に考えてみた
  6. 【お知らせ】久しぶりのブログ更新で近況報告してみる

コメントをお待ちしております

コメントを残す

Archive

PR

カメラ関連記事

  1. 【京阪神名所案内】 甲山 ウォーキングと有馬金の湯
  2. 【PENTAX K-50撮影記10】大雨の屋久島で" 防滴性能 "を身を持って試してきた
  3. 【PENTAX K-50撮影記8】" PENTAX K-50関連記事 "をまとめてみた